ホーム > ブログ > 銀ねこの徒然 > 幸せな働き方

幸せな働き方

2014.10.09

先週「週刊concrete5」のUSTREAMを見て、感じたこと。

CMSconcrete5とはあまり関係ないけど日本での働き方について考えさせられました。私の目指すものをconcrete5の本部が持っていました。

そもそも、残業とか徹夜作業って必要ですか?

昔は美容関係でメイクさんで5時スタジオ入ったり、深夜12時までイベント準備したり…休憩はろくそこ取れず、立ったままおにぎり食べたりと…今考えると変な働き方してました。

家に帰っても勉強したりと、正直寝る時間ありませんでした。
寝不足で事務所のやかんを火にかけすぎてダメにしてしまったこともあります。

先週USTREAMで生放送されたPORTLAND(USA)concrete5本部のフランツさんのお話が心に残りいました。


「自社のサーバーからビールを飲んでもOK。リラックスして仕事した方が良いアイデアが生まれるからね。基本は17:00までで退社。働きすぎたらアイデアが生まれない。」


私は自社のサーバーっていうから普通にサーバーだと思いこんで最初信じられなかったのですが笑、よもや会社にビールサーバーがあるとは…。ビールが特産品でもあるPORTLANDならでは、会社にビールサーバーがあるのはうらやましすぎです。もちろん、ビールを飲んで良い時間は15時以降というルールはあります。

昼過ぎて社員がべろんべろんだったら話にならないでしょうから笑。


話はちょっと逸れてしまいました。

世の中には
定時で帰っても成果を残している会社」と、
散々残業しても成果を残せない会社」がありますよね?

私は最近ではありますが紆余曲折あってWebの仕事をしてますがWeb会社、Web制作に携わる人があまりにも残業しすぎな気がします。

いえ、日本には徹夜作業まで行かなくてもサービス残業、サービス出社を無言の圧力で強いる会社があまりにも多いと思います。

それが当たり前という風潮もいまだ色濃く残ってる気もします。

そもそも、その残業って本当に必要なんでしょうか?


残業や無理な仕事のせいで疲れがたまって効率悪くなってませんか?

それに定時で社員帰らせて結果を残している会社もあります。

方法を改善するべき

同じような規模、同じような事業内容。

それで残業が発生する会社と発生しない会社があるのであれば何かしら改善すべではないでしょうか?

当たり前のように残業してちゃだめです。


個人事業主でも一緒。同じ金額の仕事でも働く時間だけ長くて結局「時給換算したら少なかった」なんてないようにしないとそこに幸せはないのかな~、と思ったりして。

17時に退社することは自分の価値も高まることになると思います。

まとめ

最近私にとっての幸せな働き方って何だろうって思いますが、その一つが「短く働いて結果を残す」と感じてます。

長時間働いてしまうと自分の価値も下がりますし、疲れてミスも増えますしね。
そんな働き方を目指していこうと思います。


先週見たconcrete5のUSTREAMを見て働き方について感じたことを綴ってみました。

この記事のタグ