ホーム > ブログ > コーディングTips > レンタルサーバでドメイン移管したのでそのメモ

レンタルサーバでドメイン移管したのでそのメモ

2016.04.05

こんちゃ、銀ねこです。

待ち時間があってちょっぴり手持ち無沙汰だったのでドメイン移管のやり方(まだ作業中)をメモしておきます。

レンタルサーバ内のレジストラからのドメイン移管

通常レジストラというドメインを管理・登録してくれる業者があるのですがレンタルサーバだとわりと中にあったりして、お客さんは管理が面倒なのでわりとレンタルサーバ内のレジストラを使うことが多いです。

こうなると、ドメインの移管が結構面倒。やり方もまちまちだし、AuthCode(認証キー)の発行も内部管理システムでするか、そもそも問い合わせないとダメだったり。。。今回はこんなケースでした。

レジストラ.jpg

やりとりは面倒でしたが手順自体はさほどでもなかったです。

そして気をつけて欲しいのはこの方法は.com.net場合のみです。
まず、旧レジストラでドメイン移管に必要なAuthCode(認証キー)を発行してもらいます。

AuthCodeが発行されたら新レジストラで移管の申請を行います。
サーバによるかもしれませんが、管理画面からAuthCodeを入力して自動リクエスト。

後日確認メールが(英語なので迷惑メールに入る可能性大)が送信されてくるので承認行動して移管完了。

ここまでは、あくまでドメインのお話。

あと、DNSの作業が残っているので、それは後日書きます。

早くメールこーい。

この記事のタグ