Life Hack

イカれたポートフォリオ作ったら、ナンパされたので転職してセブ島まで来た話

セブ島エンジニア生活

セブ島来て1ヶ月経ちました。ヘッドハントされてセブ島に来たのでその経緯について綴ります。

ポートフォリオサイトを作ったきっかけ

私は日本にいる時、職業訓練校の先生をしていました。卒業課題をさせる時に自分があまりにもやることがなく、手持ちぶたさん。なので一緒にポートフォリオを作ってみることにしました。

いい加減な気持ちでサイトを作り始める

時間は少ないですが、ウケを狙うだけのために注力しつつサイトを作ることにしました。
出来上がったサイトはこちら。

ワイヤー兼カンプ作成

用意するものは会社におくられてくるような、セールスのファックスの裏紙のみ。

フリクションボールペンで殴り書きで仕上げます。

Webサイトは構成が大切。かと言って、時間かけるのもめんどいので、お化粧品やお布団まとめ買いにありがちなLPの構成に私というコンテンツをぶっ込んでみることにしました。

コーディングはサクッと終わらせる

2年かけて作った「かみーゆstrap」(SCSS)と、polyfillなどのライブラリを駆使してテキトーにコーディングします。

変数である程度グリッドレイアウトや余白の単位を決めてるので、かみーゆstrapを使うとよっぽど変な色をぶっ込まない限りはまともに仕上がります。しかも、bootstrapみたいに、htmlが無駄に入れ子にならないのも特徴です。さすが私。

周囲の人間にお喜びの声を書くよう強要

商品などを訴求する時に効果的なのはなんと言ってもお客様の声です。

半ば強制で周りの仲間にお喜びの声を書いてもらいました。

現在も募集中です。我こそは一捻りあるオモロイ声(苦情でも可)提供してくれる方求む。

クロスブラウザ対策(未実装)

まだ未実装ですが、IEで見るとイルカが出てきてIEやめてedgeとか最新ブラウザ使うように促す仕掛けを準備してたんですがまだ実装してません。気が向いたら実装します。

なんちゃってだけどフォームも実装

Vue.jsで項目によって切り替わるフォームを実装しました。

実は前の会社に誘導するようにしてましたが、もうその会社は辞めてしまい言ってしまえば義理もないので今は削除してます。

さらに言うと問い合わせられたところで対応できないです。もしどうしても、どうしても何か私に聞きたければ、TwitterでDMください。気が向いたら返信します。

結局、私が転職してしまった

元々は職業訓練校の先生で生徒の就職をサポートするのが私の使命でしたが、面白半分でポートフォリオを作りなんとなく転職サイトに載っけたら、声がかかってあれよあれよと転職することになってしまいました。

人生最大のナンパ???

私、
特技はナンパすることとされることと自負しております。

代表的な実績はざっとこんな感じです。

  • 二十代の頃、薬局で二日酔いの薬くださいと言って薬剤師が困惑している姿を見て知らない人に「今から遊びに行こうよー」声かけられた。二日酔いじゃっちゅーねん。
  • 飲んでたらたまたま隣に座ったおっさんと話ししてご飯やお酒、映画のチケット奢ってもらった(日本にいるときはしょっ中)。
  • Googleの検索エバンジェリストをTwitterでナンパしたら快く広島でセミナーに登壇してくれた。

自分でもこう言った不意な出会いを楽しんでいます。だから声をかけられる or かける時はワクワクしています。

きっとおもしろいヤツがたくさんいるに違いないという期待を込めて転職を決意した

あのポートフォリオをみてウチに来て欲しいって言うんだからよっぽど変なヤツらがいる会社に違いないと思い、面接を受けてしまいました。

もう、古い体質の退屈な会社は飽きました。

転職が決まったあと

転職が決まった後は家財整理などめちゃめちゃ大変でした。

所有物はしがらみ。思い切って手放してしまうと身軽になる

セブ島に行くにあたり、家財の全てを手放すことにしました。処分してみると分かりますが、フットワークが以前にも増して軽くなった気がします。人間関係もしかりですが所有するものがたくさんあるだけで思うように動きが取れなくなるんだと思います。

今後はMacとトランクケース1個に入る荷物があれば生きていけるようにしたいですね。

私が死んだ後遺産整理業者は必要ないくらい何も持ってませんが、MacBook Proと一緒に埋葬していただければ幸いです。

結局、残りの人生やりたいことをやりたかった

今年子育てがひと段落しました。

私、40歳過ぎたらこれまでできなかったことを全力投球しようと前々から思ってました。

やりたいとがあるならやらないと人生は損

人間にはやりたいことを持っている人とない人といます。やりたいことが見つからない人って本当にいるんですよ!

でももっとかわいそうなのはやりたいことがあっても人間関係や環境などのしがらみでしたくてもチャレンジできない人。つまり、諦めてる人です。

やりたいことがあって、チャレンジできるということは幸せなことなんです。なので私は常日頃、やれることはやり尽くして私の人生よかったーって死にたいと思ってます。

そんな私でもできないことはあります。私にとってのしがらみは年齢と子供です。
子育てが終わればもっとやりたいことができる。あとは年齢的なものがクリアできればOKですよね?

日本は経営者のマインドや環境が発展途上では?

アメリカなどでのIT先進国ではIT関連の職の給料は日本よりも良いです。これはこの業種が評価されているということだと思います。思うに一つの要因として、日本はまだWeb業界新規参入したばかりなので正当に評価されてないのもあるんだと思います。

働くところによっては薄給、サービス残業当たり前、スタッフの扱いも酷いし、ホントこういうところ日本ってダメよねーと思います。

この先日本という小さなフィールドにだけ身を置いていたらグローバル社会で生き残れない

私が日本にいた時は、IT業界めちゃめちゃ人材不足でした。きっと数ヶ月前のことだから今もそうでしょう。

人材不足はIT業界だけではないです。10年前、コンビニの店員が外国人って想像できました?都心部のコンビニ店員はほぼ外国人です。

人口は減る一方、若い人がいない。育成しようにも若者がいないんだから仕方ないですよ。そのうち新卒の希少価値があり過ぎてどの企業もこぞって獲得苦労するんじゃないでしょうか?

日本のIT業界が深刻な人材不足だからこそ、チャンスはあります。
東南アジアは人口は増える一方で平均年齢は日本に比べ15〜20才も若いです。労働力が潤沢!!

言語・文化の壁などの課題もあり、私にとってはすごく大きなチャレンジでしたが、せっかく巡ってきたチャンスをみすみす逃すわけにはいかない。腹をくくって行くことにしました。

その後の経過についてはまた今度綴ります!

おまけ。息子ももれなく付いてきた

ちょうど大学進路を決めようとしていた息子もなんか知らんがこっちで大学行くことになりセブ島まで付いて来ちゃいました。

せっかく子育てがひと段落してもう放っておこうと思ったのになぁ笑

大学進学の手続きは無事終わり、あとは入学する日を待つばかり!

大学の手続きが結構大変だったのでそれに関しても綴ります!

関連記事もあわせてお読みください

Read More

記事のジャンル

管理人について

私、フロントエンドエンジニアのかみーゆです。日本でフロントエンドを中心に10年以上Web制作 →→→ セブ島に転職してエンジニア講師 →→→ オフショア開発担当者(イマココ)。13歳の頃から「好きなように生きて好きなように死ぬ」が人生のKPI。なので、「楽しいか」、「かっこいいか」でやることを判断・取捨択一しています。好きなものは肉とビール。

About Me