Contents Management System

コンクリの属性を制して最強サイトに

concrete5

最近コンクリでサイト作った時『属性』を使って、カスタマイズしたのでそれについてまとめました。

この記事を書いた人

かみーゆ/フロントエンドエンジニア

セブ島在住の気ままな海外ノマドエンジニア。IT業界10年。テクニカルディレクター・エンジニア講師・ブリッジSEを経て今に至る。CMS concrete5エバンジェリスト。テックブログ以外も「磨耗しない人生の選択」や「海外生活」のライフスタイルについて発信。好きなものは肉とビール。

Read More

CMS concrete5の属性、最強

コンクリはサイトオープンソースにしては痒いところに手がとどくCMSだと思います。

得意なところが多々あります。WordPressみたいにブログを書くために作られてないので汎用性が高いです。もちろん、ブログを書きたいならどうぞ、WordPressで。
実際コンクリでもブログ書けなくはないですよ。レイアウトをドラッグ&ドロップで簡単に変更可能ですし、私はsyntaxハイライターとかブロックとして追加してます。

コンクリは「属性」なるコンクリで絶大なる力を発揮します。
属性は汎用性があり、コンクリサイトをカスタマイズするにあたり少しでもつつければすげーことできます。マジです。

属性でできることが柔軟すぎて説明に困る

コンクリの「属性」を使ってできることが柔軟すぎて説明に困るんですがこれなしではコンクリを語れない気がしますし愛してやまないのでご紹介。。。

一覧ページ、詳細ページを作りたい時、今回はわかりやすく商品の紹介にしましょうか、商品の一覧、商品の詳細を作りたい場合…入れ替わりが激しいところは、サクッと登録できるようにしたいですよね?

「属性」とコンポーザーを組み合わせれば登録画面もサクッと作れちゃいます。

属性は管理画面>ページとテーマ>属性からサクッと追加できるんですが…。

こういうのトップから辿って機能を探すのは時代遅れです。検索で探す方がナウいです。

新しいWindows10もMacのSpotLightもそんな感じですね。

コンクリは昔からそんなことできちゃうし 笑! 右上にある検索バーに「ページ属性」と入力してサクッと機能にたどり着きましょう。

※ちなみに属性は深いので、今回はページ属性メインです。

属性で追加できること

属性でデフォで追加できることは下記の通り。

  • テキスト
  • テキストエリア
  • チェックボックス
  • s日付/時刻
  • 画像/ファイル
  • 数字
  • 評価
  • 選択 この時点ですでに痒いところに手が届いてますよね。

実はコンクリのブロック「タグ」もこの「属性」です。

コンクリをサンプルサイト付きでDLした時がわかりやすいんですが、Tagsという属性が付いていて、この属性は「選択」に当たるんですが、記事を整理する時に超便利です。

ただし空のサイトでインストールした時、タグブロックを使いたい場合はタグ(ハンドル名:Tags)を追加してやる必要があります。

属性を利用したい時はこんな感じ。

$c = Page::getCurrentPage();//念のため現在のページの情報を取得。多分取れる。
$attribute =  $c->getAttribute('属性名');

出力したい属性によるのですが、例えばテキスト、テキストエリアの場合、画像の場合は下記のような感じで。

下記はあくまで現在のページの属性。

//テキストなど
echo h($c->getAttribute('テキストハンドル名'));
//画像はイメージヘルパーで出力
$imgHelper = Loader::Helper('image');
$img = $c->getAttribute('画像ハンドル名');
$imgHelper->outputThumbnail($img, 200, 180, $title);//数字の箇所は切り出したいサイズ。$titleはalt属性。

まとめ

まあ、つれづれかつ惰性でまとめちゃいましたがこんな感じです。

「銀ねこアトリエ」のブログを定期購読しよう

Feedlyに登録する