Career Up

海外ノマドが考えるこれからの幸せな働き方

キャリアアップ・転職海外移住ライフスタイル

突然ですが、働いていて幸せですか?

私は今までの働き方に疑問を感じセブ島で3か月の充電していて、2021年1月から本格的に働きはじめました。以前よりまして仕事に対する考え方が変わりました。

表現が抽象的になりますが、人は「ねばならない」という思い込みを捨てたら世界観が変わります。

今、働いていて疑問を感じている人へ。

どんな働き方が幸せか、海外ノマドみたいな私が思い感じたことを綴ります。

この記事を書いた人

かみーゆ/フロントエンドエンジニア

セブ島在住の気ままな海外ノマドエンジニア。IT業界10年。テクニカルディレクター・エンジニア講師・ブリッジSEを経て今に至る。CMS concrete5エバンジェリスト。テックブログ以外も「磨耗しない人生の選択」や「海外生活」のライフスタイルについて発信。好きなものは肉とビール。

Read More

久々にきちんと働いてみて、、仕事は楽しい

昨年9月セブ島の日系企業を退職、そのままサブに残り充電生活を送っていました。

消耗しない生き方の選択とセブ島での充電生活レポート
消耗しない生き方の選択とセブ島での充電生活レポート

かみーゆ、また仕事辞めたってよ。2019年4月「MacBook Pro とスーツケースだけで生きていこう」と、セブ島に来...

充電生活は3か月と決めていたので、今年に入り本格的に仕事を再開しました。

昨年はじめたYouTubeの反響もあり、いろんな人からお声がけいただき、感謝の限りです。

さて、本題です。
久々、マジメに働きはじめたのですが、自分と自分のビジネスパートナーのペースに合わせてのんびりしていてぶっちゃけ働いている気はしないです。

前みたに何かに追われてるような焦りはなくなりました。

おうちで仕事していて飽きたらカフェへ行ったり、友達とランチしたい日は朝早くから仕事したり自分で自分のライフスタイルを決められるようになりました。

アヤラモールのレストランにて

※ 仕事を早めに終わらせて、アヤラモールで友だちとランチ。


のんびりゆったり自分の仕事に向き合い、コードを書く。そんな日々を送ってます。

最近実感しますが、仕事を楽しむためには心の余裕とメンタルが安定してないと難しいですね。

仕事は本来楽しくて楽しいしステキ。そんなことにも今の自分の状況だからこそ気づけます。

自分の思うように実装できた時の爽快感、お客さんにデモを見せたら想像以上の出来でテンション上がるって言われたり、そしてこれがお金という対価になる。

とても充実してるなぁって実感します。

「働く」ということを深く考えた半年

この半年間、「働く」ということを真剣に考えました。

仕事に対して真剣に考えてた方だと思ってたんですが、振り返ると「結果磨耗した」ことが多かったです。もちろんその環境下に追いやったのも自分だとわかっています。

セブの街を一望

いつも全力投球だったんですよね。1日8時間をひたすらすり減る。

8時間苦しい毎日なんて苦行・荒業でしかないですから。

今後はもっと幸せになることへフォーカスし、幸せになるため「仕事」をするつもりです。

毎日が幸せだなーって思いながら働くにはどうすればいいか?

セブの街を一望

「幸せ」って、結構意味が漠然としてると思っていて、人によって「幸せ」ってまったく違うんです。

なので私にとってどんなときが「幸せ」なのか考えてみました。

楽しいとか、気持ちが高揚したり、充実してるなぁって感じる時間をたくさん過ごしている時。

そんな気持ちの時が私にとっての幸せと感じます。

ではどんな時、そんな気持ちになるか?

私が仕事中幸せだなーって感じる瞬間はどんなときなんだろう?

仕事中に幸せって感じるのはどんなときか、より具体化してみました。

自分が納得いくパフォーマンスを発揮したとき

単純にいい仕事した時は自己肯定感が生まれますよね。精神的にも満足します。

たとえば、私はエンジニアなので難しい実装を手早く実装できた時最高に気分がいいです!

我々の仕事だけではありませんが、日々「いい仕事したなあ」って感じたければのほほんとしておけないんですよね。

必要なのは日々の勉強です。日々キャッチアップを怠らない。この一言に尽きます。

仲間と楽しい時間を過ごせてるとき

アヤラモール

私の人生でどんな人と働くかがもっとも重要です。

理由は2つ。

  • 単純に人が好き
  • 私のパフォーマンスは人に左右される

実際にこれまでも何度も仕事仲間の発言や行動で心を揺さぶられ、奇跡のようなパフォーマンスを発揮したことがありました。

具体的には1日でLP(ペライチのサイト)作っちゃったりとか。

私はこの人のために頑張りたいって思うと結構難易度高いハードルも越えることができます。

もともと私、人が大好きなんですよね。

仲間のために頑張り、成果も出せたらそれ以上の幸せはないです。

自分のビジネス・信念に情熱を持ったお客さんといるとき

私は自分のビジネスやサービスに情熱を持っている人って話をしたら熱が伝播するんですよ。

そんな人に対しては寄り添って、一生懸命仕事をしたくなるものです。

さらに感謝された日には極上の幸せを感じてしまいます。

さらにさらにいい仕事したくなります。

どんな人と働きたいかに重きをおく

私にとって仕事をする上で重要なのは人です。なので人を選びます。

私の一緒に働きたい人(クライアントや仲間)を選ぶポイントは心から尊敬・信用できるか、です。

下手したら結婚相手よりも真剣に選んでるかもしれません。

尊敬できる人:どんな信念や考え方を持っているか

尊敬できるかどうかはどんな「信念や考え方」を持っているかをよく観察するようにしています。私と考えが違っても構いません。むしろ学びがあり、感動したり感心することもあります。

一緒にいると考え方にも少なからず影響を受けます。だからこそどんな信念や考えを持っているかが大切なんです。

信じることができる人:行動がすべて

私はわりと、人の言っていることは話半分に聞くタイプです。

理由は「口ではなんとでも言える」からです。

いつも何をしているかを見てます。

行動がすべてを教えてくれます。

逆に、言葉にしなくても行動からその人の誠実さが伝わってくることもありますしね。

リターンはお金だけじゃない

お金を数えるかみーゆ

仕事の対価ってお金だけじゃないんですよね。

お金って報酬は分かりやすいですが、一緒にいると励まされ成長できたり、仲間の喜ぶ顔が見れるのも幸せだったり、新たにステキな人と出会えたり。巡り巡って仕事紹介してもらったりなんかもあります。

誰とどんな仕事をするかを変えるだけで、お金には変えがたい対価が生まれることもあるんですよ。

その対価こそが「幸せ」だと思っています。

トータルでどんな対価が得られるかは自分次第かもしれませんね。

まとめ・仕事は幸せを実現する手段

以前付き合ってきた人が言ってました。

「残り10年したら早期リタイアする。それまで耐える。」

私はその人の気持ちがちっとも理解できませんでした。

我慢したその先に幸せって保証されてるんでしょうか?

今幸せじゃなくてどうするんでしょうか?

1日の8時間がつまらないなんて不幸でしかないと思うんです。

組織にどうしても馴染めないなら個人で働くこともできる時代です。

だから、誰とどこでどんな仕事をするかを真剣に考えて選択する。今後は誰でもそんな生き方ができるんじゃないかと思います。

海外で自分のペースで仕事しつつ1日1日の幸せを噛み締めていきている人間の一意見です。この記事がこの先のキャリアを考えるあなたの一助となれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「銀ねこアトリエ」のブログを定期購読しよう

Feedlyに登録する