Contents Management System

Contact Form 7 で必須項目のエラーメッセージをカスタム

WordPress

Contact Form 7ってめっちゃ奥が深いですね!カスタマイズする時こころおどります!今回は発想の転換で必須項目のエラーメッセージを変えたのでそのやり方をメモしておきます。

そもそも、入力項目を必須にしない

入力項目を必須にするとデフォルトのエラーメッセージが送信じに出ちゃいます。
なので必須にせずに、fuctions.php の方でエラーメッセージをコントロールします。

add_filter で wpcf7_validate にフックすることで追加できます。

以下のコードの例は、checkboxです。
プライバシーポリシーに同意しないと送信させないよーとか想像してもらったらと思います。

// contact form 7 バリデーション追加
function wpcf7_validate_customize($result, $tags)
{
    foreach ($tags as $tag) {
        //タグの種類 input・textareaなど
        $type = $tag['type'];
        // name属性
        $name = $tag['name'];
        $post = trim(strtr((string) $_POST[$name], "\n", ''));
        if($type === 'checkbox'){
            if ($name == 'agreement' && !isset($_POST[$name])) {
                // 指定のname属性のバリデーションに任意のメッセージを追加
                $result->invalidate($name, 'プライバシーポリシーに同意してください。');
            }
        }
    }

    return $result;
}

add_filter('wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_customize', 11, 2);

以上です。

たかが、これしきのことでしたが特定の必須項目のバリデの内容を変えようとしてググって無駄な時間を費やしました。。。

関連記事もあわせてお読みください

Read More

記事のジャンル

管理人について

私、フロントエンドエンジニアのかみーゆです。日本でフロントエンドを中心に10年以上Web制作 →→→ セブ島に転職してエンジニア講師 →→→ オフショア開発担当者(イマココ)。13歳の頃から「好きなように生きて好きなように死ぬ」が人生のKPI。なので、「楽しいか」、「かっこいいか」でやることを判断・取捨択一しています。好きなものは肉とビール。

About Me